1. >
  2. >
  3. スコップの選び方

スコップの選び方

菜園で欠かせないアイテムと言えばスコップ

土や苗を移動させたり、球根などを植えたりするときに、必ず必要となるのがスコップです。
スコップと言っても、とっても種類が豊富なんですよ。

使う目的に応じて、ぴったりな機能がついています。
今まで何気なくスコップを選んでいた人は、スコップの用途に応じて使い分けてみるの良いかもしれませんね。
実は奥深い、スコップの機能とその種類を見ていきましょう。

菜園の大きさによってスコップを選ぼう

ベランダ菜園に大きなスコップは必要ありませんし、畑に小さなスコップでは作業効率が悪くなってしまいます。
ご自身の菜園の大きさによって、スコップの種類を使い分けましょうね。

・シャベル(ショベル)
広い面積の菜園を耕すのに使用される大きなスコップです。
先がとがっていることから『剣スコップ、剣シャベル』なんて呼ばれることもありますよ。
畝立てしたり、土づくりの際土の塊を砕いたりするのに必要不可欠なアイテムです。
土の奥に埋まった根菜類を収穫するときにもあると便利です。
スチール製のものが多いですが、値段は高くなりますが、ステンレス製のものだと、土がつきにくく錆びないので長く使用することが出来ますよ。

・角シャベル(角ショベル)
先ほどのシャベルと違って、先端がとがっておらず横に直線、匙部分が四角をしているのが角シャベルの特徴です。
匙の面積が広く、土をすくいあげ、移動させたり、大きな株を移植したりするのに使います。
先端部分が直線になっているので、土の中の根を切る作業にも使えますよ。

・移植ゴテ(スコップ)
スコップと聞いて一番に思い浮かぶのが、この移植ゴテではないでしょうか?
手持ちサイズで、土いじりをするのに欠かせないアイテムです。
土の塊をほぐしたり、崩したり、雑草を抜いたりするのに使います。

参考>>園芸用 スコップ-シャベル

プランターに土を入れるのにも、移植ゴテは必須です。匙部分に目盛りがついたものもありますよ。
目盛りがあると、球根や苗を植えつけるときの深さが測れるのでとても便利です。

・土入れ
口部分が斜めにカットされ、土がすくいやすいように作られているのが土入れです。
手を汚すことなく、土の補給が出来ますよ。
株と株の間の追肥や土寄せ、狭い部分へのまし土など、菜園をしているとどうしても手が汚れてしまいますよね。
土入れが一つあれば、このようなときに手を汚さず作業することが出来ますよ。
持ち手の底が平になっているので、立てておいておくことも出来るので便利です。

このように、スコップは用途別に使い分けることで、菜園の作業をスムーズに行える機能がそれぞれあるんです。
自分の菜園の大きさや、育てている作物にぴったりなスコップを選んで快適な菜園づくりをしていきましょう。