1. >
  2. >
  3. プランターの選び方

プランターの選び方

プランターの選び方の基本

ホームセンターのプランター売り場へ行けば、さまざまな種類のプランターが売られていますよね。
材質はもちろん、形やサイズ、とても種類が豊富です。
プランターを選ぶときは、何を育てようとしているのかを考えて決めるようにしましょう。
花なのか、野菜なのか、地上に実がなるのか、地中に実がなるのか…育てる作物によって、選ぶべきプランターが変わってきますよ。

作物の性質を考えるのも忘れてはいけませんよ。
日向で育てるのか、日陰で育てるのか、多湿を好むのか、水はけが良い方が良いのか…育てる作物を決めずに、先にプランターを選んでしまうと、作物が上手に育たないこともありますよ。
畑がなくても、プランターがあれば狭いベランダでも自分で野菜を作ることが出来ます。
作ろうと思っている作物にぴったりなプランターを選んで、収穫の楽しみを味わってみてくださいね。

材質別プランターの特徴

軽くて比較的お手頃価格で購入できるのが、プラスチック製のプランターです。
サイズや形、大きさの種類が豊富で使いやすいです。
耐久性にも優れていますので、使っている人も多いのではないでしょうか。
底の水はけを良くするためにすのこパーツが一緒になっています。

水を通さない素材なので、水やりをする際には注意が必要でしょう。
大量に水をあげてしまうと、土の中が多湿になりますからね。

参考>>プランター | リッチェル公式ウェブショップ 園芸用品

おしゃれなデザインが多い木製のプランターもありますよ。
耐久性には他のと比べて劣りますが、通気性が優れているのが特徴です。
プランターがかなり重たいので、土を入れると一人では移動させるのが難しいという難点もあります。
そのため、木製のプランターを選ぶ際は、重さやサイズなどをしっかり考慮してから選ぶようにしましょう。

通気性、通水性に優れているのが、素焼きやテラコッタ、陶器のプランターです。
デザイン性の高いものも多く、耐久性も良いですよ。
厚みや釉薬使用の有無によって通気性や通水性も変わります。

プランターのサイズ選びはどうする?
葉を食べる野菜、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜などを育てるのであれば、深さが15~20センチあれば十分です。
根があまり深くならないので、比較的浅いタイプのプランターで大丈夫です。
ミニトマトやキュウリ、エンドウ豆など実を食べる野菜を育てるなら、深さが20~25センチ程度のプランターを選びます。

支柱が必要な場合は、支柱があらかじめついているものを選ぶか、支柱留め具を使うと良いですよ。
ジャガイモやダイコン、ゴボウなど、土の中に実がなる野菜を育てる場合は、深さが25センチ以上あるものを選ぶようにしましょう。
土が沢山必要になると、重量も重たくなります。
そのため、横幅がどの程度のものを選ぶかもポイントとなりますよ。