1. >
  2. >
  3. 耕作用具の選び方

耕作用具の選び方

土づくりに欠かせないアイテムと言えば?

どんな作物でもそうですが、種や苗を植える前に必ず土づくりが必要となります。
ダイコンがその代表ですが、土づくりによって作物の出来が変わるものもありますからね。
菜園づくりは、土づくりからと言っても過言ではないでしょう。

畑の土が良い状態だと、土の養分を作物がしっかり吸収できるようになります。
作物の生育が促され、豊作が期待できることでしょう。
そんな土づくりに必要不可欠なのが耕作用具です。
耕作用具も種類が豊富なので、用途によって使い分けて良い畑の土台を作っていきましょう。

耕作用具の種類と特徴

・レーキ
土の表面を平に整地したり、土を浅く耕したりするのに使います。
地ならしするときには欠かせない耕作用具でしょう。
刃と柄を支える補強支柱がついているものだと、強度が高いためブレにくく扱いやすいですよ。

・熊手
竹製のものが一般的な熊手ですが、園芸用熊手には鉄製のものもあります。
鉄製のものだと、落ち葉をかき集めるのはもちろん、石をかき集める作業や畑広範囲の掃除にも最適です。
熊手の幅を調整できる、スライドがついたものもありますよ。
スライドで幅を調整出来れば、狭い場所での作業にも使えて便利です。

・くわ
古くから、農作業をするのに使われてきた耕作道具で、畑を開墾するときや、中耕、草かき、土寄せなど、さまざまな用途で使用できるのがくわです。
農業が機械化される以前は、くわを使って農地を人間が耕していたんですからね。
レーキは浅く耕すのに対し、くわは深く耕すことが出来る耕作用具です。
くわ一つあれば、色々な作業が出来ますので、菜園作業にはなくてはならないアイテムでしょう。

・フォーク
土の中にある大きな石を砕いたり、固い土壌を耕したりするための耕作用具です。
手持ちサイズのものもあり、土の中にある太い根を取り除くのに最適です。
刃の本数も、ものによって違います。
3枚刃~5枚刃のものが一般的です。
これもまた、畑の土壌の性質を考えた上で選ぶと良さそうですね。
刃の本数が少ないものは一本の刃が太く、パワーが出やすいですよ。

種類だけでなくデザイン、サイズも充実

以前の耕作用具と言えば、いかにも農作業用!という無機質なものが多かったのですが、最近では家庭菜園を楽しむ人向けにデザイン性の高い耕作用具も多く販売されるようになっています。
家庭菜園で使えるように、それぞれ手持ち可能なコンパクトサイズの耕作用具がありますよ。
自分の菜園の大きさに合わせてぴったりな道具を選ぶようにしましょうね。
ベランダ菜園を楽しんでいる人は、おしゃれなものを選んでおいておけばベランダの見た目も良くすることができますからね。